あの有名食器を作ったのは、命を懸けた錬金術師だった

『 トウヨウノ

ウツクシイ

ヤキモノニ

マケナイモノ

ツクレ 』

1700年頃

ヨーロッパのアウグスト王は言った

大航海時代の宝、白い金の正体とは

という前回記事の続きで

大航海時代によって運ばれてきた東洋焼物はヨーロッパ王族にコレクションされるまでになっていた

東洋から輸入される1枚の皿と兵士が交換されたという逸話も残されている

ヨーロッパのアウグスト王は集めるだけでは飽き足らず自らの国でも作りたいと熱望した

だが東洋焼物がどんな成分と分量で作られているのかわからず 作れる者を探してもなかなか見つからない

そんな時

ある町に 錬金術師がいる

という情報をキャッチしたアウグスト王はその錬金術師ならば東洋焼物を再現して作れるかもしれない

すぐに城へ連れて来させ話を聞いた

すると実は錬金術というより貴金属を作る研究や 賢者の石と呼ばれる不老長寿の薬を作る研究をしているだけだったのだ

それでもアウグスト王はその錬金術師を城に幽閉し 何としても作るように指示

無理ですよ無理ですよ〜と言ったかはわからないが

錬金術師は何度も逃亡

そして何度も捕らえられた

監視体制も厳しくなり自由も奪われ色々な事を考えた事だろう

やがて

10年もの歳月が経った1710年

錬金術師

なんと

信じられないことに

東洋焼物を解明し

作り出すことに成功したのである

その瞬間 ヨーロッパで初となる白磁ブランド

マイセン が誕生した

ひたすら逃亡しては捕獲されを繰り返していただけではなかったのだ

ちゃっかり研究に取り組んでいたのだ

アウグスト王も大いに喜んだが 同時にこの技術が外に漏れてしまうことを恐れ 錬金術師は死ぬまで幽閉させられるのだった

それから300年

手に吸い付くような質感と

優美な絵と

透き通る白

東洋焼物を再現して錬金術師によって作られた マイセン は揺るぎない評価を得て

今もヨーロッパ白磁界の王者として君臨する

幾度となく幽閉され早く自由になりたいという一心だったかはわからないが

実力で マイセン を誕生させ歴史に名を残し

今夜も語られるその男の名は

錬金術師 ベドガー


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください