これは ダイソンの空気清浄機を知ってしまった男の 激動の物語である

〜プロジェクト 挑戦する前に 立ち止まれ〜

ある日男は悩んでいた

、、なぜだ、なぜ俺の部屋にはエアコンがない、、そしてなぜこんなにも狭い

季節によって男は扇風機やストーブを使い分けていた

夏には扇風機を出し、変わりにストーブをしまいこむ

冬にはストーブを出し、変わりに扇風機をしまいこむ

そんな事を繰り返す度に男の目には涙がにじんだ

、、しまいこむスペースだって財産だ、、

男は覚悟を決めた

、、何年いや何十年かかってもいい

扇風機とストーブが合体したロボットを作ろう

後世に価値あるスペースを残そう

この世に新しいスペースを生みだそう、、

その瞬間、たった1人の壮大なプロジェクトが始まった

ツバメよ 〜 高い空から 〜

男は口ずさみながら、似たようなロボットが既に存在していないか検索してみた

あった

男はその晩  購入した

hot温度も調整でき ストーブやエアコンよりもすぐに温まる優れものだった

coolも10段階調整できた MAXだと扇風機より涼しかった

願ってもないが空気清浄機能までついていた フィルターは数ヶ月に1回交換が必要だが、交換フィルターも付いてきた

男はどこから風が来ているのか確かめた

内側の黒いフチからだとわかり安全を知った

、、これなら年中出しておける、、しまうものがない、、つまりスペースが空く、、

思いがけぬ展開で男の狭い部屋のスペースは守られた

男は夕日を浴びながら悟っていた

挑戦はまず立ち止まる事から始まるのだ

投稿日:
カテゴリー: 修理

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください