カフェカーテンで韓国インテリアを作るのだって自由だ!

アニョハセヨ

カペ チョアハムニッカ?

(こんにちはカフェ好きですか?)

ジャユージガン チョンよハムニダ

(自由に一息つける時間って大事ですよね)

それはそうと

こんな感じのくもりガラス窓で 外から見られる訳でもないし

カーテンやブラインドする程でもないんだけど、、

とは言っても どことなく不恰好で気になる、、

そんな時こそ カフェカーテン!

呼び名の通りカフェテリアで使用されていたのが始まりで そのままネーミングになってしまったようだ

取り入れる事で もちろんカフェ風にも出来るし ヨーロピアン風や

トレンドの韓国風も出すことができる今まさに見直される時がきたカフェカーテン

より韓国インテリアを出すならばホワイトやベージュ色で柔らかくなびかせたい

さらに もう一段階加えるなら

同じ形のカフェカーテンの重ね付け

絵は酷いが 窓枠に合わせたカーテンの長さに調整もできるし ボリューム感が出て優雅

それと

違う形のカフェカーテンの重ね付け

これはわかりやすい 形は変えるものの素材は合わせた方が良さげ

窓ぎわにラウンドテーブルとプリーツランプ 更にはソイキャンドルなんか置けば

そこはもうハングッカペ(韓国のカフェだぞ)

ただし  キョルッチョム! (欠点もあるぞ) 窓の開け閉めがしずらい。窓の奥行きが必要。

カフェカーテンは普通のカーテンのように神経質にならずに気軽にだいたいの長さで吊るす事ができて また実用的でもある

突っ張り棒さえあればオープン棚の目隠し、見られたらまずい場所や隠してきた過去にも どこでも活用できる

窓のないところにカフェカーテンをつけてカフェっぽさを演出する技もあるくらい自由だ

そう 全部忘れて 時にはカフェのある自由を楽しめば良いのである

ジャユージガンー(自由時間ー)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください