クリア球の電球色を使うとムーディー部屋になる

変わらないものを手にする事は 変えていく事よりずっと難しいものです

今回は天井照明を変えていきます

照明は天井についている分、気にとめることが少ないかもしれませんが

光は部屋全体に広がるために雰囲気が意外と変化しますよね

ガラス製のペンダントライトに変えました

影がついてどことなくムーディーになりました

なぜこんなに影が出てきたのかというと

実は照明によるものではなく、電球も変えているからです

この電球はクリア球と言い

名前の通り中身の見える球です

さらに詳しく言うとクリア球の電球色というくくりになります

ややこしいですね

電球色については以前の記事

トイレにおすすめの電球はどれか

で解説しましたが

一番落ち着いていて、雰囲気がでます

レストランなどは電球色が多いですね

今回はクリア球の電球色なので影+落ち着き=ムーディーが生まれました

デメリットとしては一般的な部屋に比べると少し暗めです

ムーディーさは見方次第では異様な風に捉えられるかもしれないので

好みが分かれると思います

ただいつの時でも光に頼りすぎては道を見失います

真実は影に隠れていると心得る事です

ちょっと個性的なムーディー部屋にしたい人にはおすすめなクリア球です

今回使用した照明はラルートシモダンこれでした

投稿日:
カテゴリー: 修理

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください