タンク有りトイレがいいのか、タンク無しトイレがいいのか、誰だって迷うものさ アメージュZ編

まず、私が声を大にして言いたいのが

トイレ選びは迷う

そうトイレ選びは迷うの

メーカーからも色んなモデルが出ていてどれがどう良いのかわかりにくい

ただ、

まず前提として申し上げたいのがトイレタンクはある方がいいという事だ

地震、停電、水道管凍結、災害の多いこの日本において

トイレタンク内に残された水というのは、いざという時に恵みの水となる

私も何度もその瞬間に出くわした またこれからもその可能性は大だ

と言ってもどれを選ぶか、、

迷うところに間違いのないトイレあり

その名は

アメージュZ

何て正義のヒーローのようなネーミングだ

守ってくれる期待値大だ

私も仕事関係でリフォームの際に何度かこのトイレを取り付けした事がある

選ばれていた理由は

安心のLIXIL製品

というのと

安さ

お財布の中身を守るヒーローが現れたと言って喜ばれる

だがそれだけじゃない 私が取り付けながら特に感じた事はツーポイント

ポイント1、フチレス形状だから掃除が一拭き

トイレと言えばフチというように、従来まではフチの中に汚れがこびりついていた

しかしこれは私も触ってみて驚いた

というより信じられなかった

全て拭ける これで全て拭ける 全て拭けるのだ そう連呼したのを思い出す

これからの汚れは隠れる場所がない運動場でかくれんぼするようなものだ

ポイント2、アクアセラミックで汚れを防ぐ

アメージュZに触れた瞬間に羽生結弦にでもなれたんじゃないかという滑り心地を実感した

専門的な話になるが

従来のLIXIL製品はハイパーキラミック+プロガードでコーティングするように便器を15年守っていたのだが

ついにコーティングではなく陶器そのものに練り込む事に成功

LIXILはこれを100年クリーン『アクアセラミック』と名づけた

100年だ ぞ

家や財産など子や孫に残せる物がない時にはトイレの輝きを残せて逝ければそれもいい

まとめ

デメリットから先に言うと:そもそもタンク嫌いな人は合わない

メリット:安心のLIXIL、安い、フチナシ形状、アクアセラミック100年

冒頭でも述べたが何はともあれ1番は人命

自分を守る、家族を守るのにその使命を担ったタンク有りのアメージュZ はこの先

人類の救世主となり得るだろう

    ありがとう アメージュZ

シャワートイレはセットでなく別々に購入することをお勧めする↑

リフォームであれば排水芯200〜550㎜に対応するアメージュZリトイレが良いだろう↑(現状トイレに合うか十分確認を)

新築や床下から工事するならばこちらでも良いだろう↑(現状トイレに合うか十分確認を)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください