ビスが反対側から出てきた時の1番簡単な対処法

出る杭は打たれてもいい 削り取られたっていい

DIYをしていて

インパクトでビスを打ったはいいが、ビスが長くて反対側からニョキっと出てくる日、ありますよね

反対側から触ると危ないですね

でも短いビスを買いに行くのは面倒くさいって日、ありますよね

そんな日に使える1番簡単な対処法があります

非常に面倒くさがりな人が使う1番簡単でありながら

やむを得ない時に使う最終方法です

そう

グラインダーで削り取る

です

こいつで

ニョキっとしたものをガリガリガリです

ニョキが飛んでいかないように注意しましょう

これで、わざわざ抜いて新しいビスを打ち込むという手間がかかりません

しかしながらまずは、ちゃんとしたビスを用意しておくのが基本ですよね

打たれて削られて 人は研ぎ澄まされていきます でも

人生の基本だけは最後まで見失わないようにしたいですね

●雨漏れした和室の天井●修理編

で使用していたMAX工具と使いたいならこちら↑

ハイコーキの草刈り機は想像を超える使い心地だった

で使用していたハイコーキ工具と一緒に使いたいならこちら↑

投稿日:
カテゴリー: 修理

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください