一枚板と漆喰で和風カフェっぽいキッチンを作りました

こんばんは

身近で尊敬する人から昔 ヒノキの一枚板 を貰っていた事を思い出し

この貴重なものを何かに使えないかと考えていました

一枚板は よく家具に見る継ぎ目のある板ではなく 文字通り一本の木から製材した一枚ものの製品です

パソコンデスクやテーブル天板に使うとその品格ある重厚感で

間違いなく部屋の見せ場となるでしょう Liveで言うとメインボーカルです

その他のインテリアエレメントは引き立て役に徹します Liveで言うとバックコーラスです

と言いつつも その美しい一枚板をどうしても壁に掛けたくなりました

壁に掛けたいと言えば そうフライパンですね

カフェでもわざと見せるように壁に掛けてあります

そこで このキッチンの壁に一枚板を掛け

さらにそこにフライパンを掛けて和風カフェっぽくしようと思います

せっかく貰った一枚板を活かせるか否か

私の戦いが今

始まります!!

終わりました

何という事でしょう

黄金色に輝く一枚板

フライパンが音を乗せているようです

ダイニングで食事をしながらでも見える、まさに見せ場となりました

さらにその壁と天井は白漆喰

主張し過ぎないよう出来るだけテクスチャーは抑えて塗り

優しいバックコーラスが心地よく感じます

年齢を重ねても手に届きやすいように、そして地震時にも安全なように

吊り棚も撤去し色んなものを低めにしました


※不燃材の漆喰(国交省通則認定NM4373 2017年)を使っているのは、法規が絡む吊り棚撤去をクリアする為でもある。

Before

After

以前の日本のキッチンは他の部屋とは分かれており

極力見えないようになっていましたが

今はいかに1つの空間で開放的に暮らせるか

という意識になってきました

皆で料理をし、食事をし、生活を送る姿を見て

一枚板が静かに音楽を奏でてくれているようです

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください