数年前に購入したダイニングチェアは今も活躍中です−飛騨高山シビルチェア−

今日は私が数年前に出会ったイスの話をしようと思います

あれは

うだるような暑さに気力を奪われかけていたある夏の日

当時の私は北欧系のナチュラルなダイニングチェアを探し回り

座っては違うな 座ってはこれも違うか

を繰り返していました

そんな中、ある北欧系家具を扱うショップに入ったのですが

これまでとは少し違う印象の

しかしどこか求め続けていたような形状のイスが私の目に飛び込んできたのです

まさか

私が探していたイスは

これなのか、、?

緊張と興奮に尻を震わせながら

私はゆっくりと

そして確実に

着座しました

その瞬間に感じた事は鮮明に覚えています

いつの間に私の尻の形状に合わせて作ったんですかと聞きたくなる程のフィット感

そして体を背もたれに預けた時のプーさんかトトロかなにかに優しく包み込まれているような感覚

これだ

はやる気持ちを抑えて冷静かつ気取りながら、ショップマンに尋ねた

Who is the author of this chair?

ショップマン「こちらは飛騨高山の柏木工のシビルチェアですよ」

なんと!!Japanだったのか!!

ナチュラルといえば北欧家具と決め込んでいた私からしてみれば

Japanの家具がこんなに良いものだとはチョップマンにチョップされたような衝撃でした

だからあれ程までに私にフィットしたのかと納得しました

かなり日本人の身体を研究して日本人のために作っているのでしょう

価格はなかなかしますが毎日の食事が一層美味しくなる事を思えば

また、一生ものになるであろう事を思えばと妥協せず購入しました

選んだのはウォールナットとオークのミックス

ナチュラルでどんな部屋にも馴染んでくれそうですが形が面白くて個性的でもあります

クッションも10,000円くらいしましたがかなりの種類から選べて楽しかったです

数年経った今でも購入して良かったと思える物です

今もダイニングを輝かせてくれています

現在Yahooと楽天のみでAmazonでの取り扱いはないようです

飛騨高山には今回紹介した柏木工の他に飛騨産業もあり、そちらの家具も並んでましたがかっこいいです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください