激録!防虫密着24時 〜この街の犯罪は絶対許さない〜

小鳥達はさえずり 木漏れ日は煌めく

ある晴れた日曜日

気分上々で大自然へドライブに出かけようと

去年着ていなかった服に久々に袖を通した時

身に覚えのない小さな丸い穴が開けられていた

不審に思い街の人に聞くと同様の被害が起きている事がわかった

一体 誰が こんな酷いことを

犯人を捕えなければ第二 第三の被害が起きる

いやもう起きている ドライブしている場合ではない

せっかくのドライブ日和をむしばむ卑劣な犯行 絶対に許せない ただちに捜査にあたる

まずは近隣住民への細かな聞き込み

そして車載カメラの解析

わずかな手がかりを頼りにその痕跡を追うと

捜査線上に浮かび上がってきたのは何と

カツオブシムシだった

この街に限らず日本中の洋服を丸く食べていたのはこのムシだったのだ

不潔にしていたのかもしれない恥ずかしいなどと言っていられない

相手がムシとわかれば複数犯の可能性が高い

数匹ずつ現行犯逮捕していたのでは他の犯人に逃げられてしまう

そうなればまたどこかで犯行が繰り返されるだけだ

焦る気持ちを押し殺し

一網打尽にすべく犯人グループに気づかれぬよう 内偵捜査を行っていく

こうなれば根比べだ 必ず犯人グループの情報を掴んでやる

内偵を始めて数日

集められた捜査資料により ようやくムシの行動パターンがわかってきた

春から夏にかけ太った中枢のムシたちは洗濯物などに付着し家に侵入

衣類に卵を産み クローゼット内で孵化し衣類を食す

特に好物は

ウール、カシミヤ、シルクなどの柔らかい動物性繊維

綿や麻など植物性繊維

さらにレーヨン、ポリエステルなどの化学繊維まで食す

その他ホコリや皮脂汚れなどのタンパク質まで栄養にしてしまう

生育しやすい環境は

温度15〜25度

湿度60〜80%

なるほど

つまり栄養豊富で環境が整地されたクローゼットはリゾート地

最高の環境だとバカンスを楽しんでいるうちに外に出たくなくなり

そのまま何世代にもわたって不当滞在するムシたちも現れるという訳だ

これらの情報を元に対策を立てた

対策は以下4つの方法を併用して行うこととする

1、 高温多湿になる部屋とクローゼットの扉は2日に1回は全面開放し湿気を長時間溜めさせない

2、 晴れた日の10〜15時には出来る限り『ムシ干し』をし 終わったらしっかりはたいて取り込む

3、 衣替えは雨の日に行うと湿度もそのままクローゼットに仕舞い込む事になるため 必ず天気の日に行う

4、 クローゼット内には防虫剤を仕掛けるが防虫剤は気体となり下に落ちていくため上の方に置くようにする

防虫剤の匂いが気になる時には

メンソールやユーカリのような爽やかな香りのカンフルツリーブロックも良い

他にも最近話題の防虫効果のあるレッドシダーを置いても良し

無農薬栽培されたオーガニック製品なんかもある

ただ防虫剤はムシが寄りにくくするものであり 既にクローゼットにいた場合は職務質問にとどめるなど現場の判断で臨機応変に対応する ただし凶器を所持している可能性もある 絶対に無理はしないこと

それでも万が一犯行に及ばれた場合は『かけつぎ』という手段もやむなしとする これは食われた服の周りの繊維を取り込みながら穴をわからないようにしていくクリーニング店の技術だ

これらを徹底していけば必ず犯人グループの中枢にまでたどり着く

相手がどんなにムシであろうと犯罪は犯罪

悪い奴は決して許さない

洋服の穴は埋めれても 失った日曜日の穴は他の日では埋められないのだ

もう二度とこの街に悲しむ人が出ないよう

戦いは続く

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください