私が選んだスツールは、シューメーカーチェア

これは5年前の話である

私は生き急いでいた

ゆっくりとダイニングに着く事もなく

朝から立って食事も済ませていた

そんな時にふと思った

ゆったりのんびりし過ぎず 軽く腰を掛けられて 軽く立ち上がれるイスはないものか…

そうだ スツールを買おう

スツール:背もたれのないイスの事

有名なスツールは柳宗理のバタフライスツール

アンセムのスツール

Sarasa designのb2c

と魅力的な作品のある中で 私が選んだのは

シューメーカーチェア

1930年から続くデンマーク製の伝統のチェアである

今では一般的に使われるシューメーカーチェア

名前の由来通り靴職人が作業に使っていたものだ

さらにさかのぼれば乳搾り用のチェアだったものらしい

購入時には嬉しい事に

木の種類、塗膜の種類、塗装の色、座面の高さもkids用からハイスツールまで

自分流に選択できる

ちなみに私は木はバーチ、塗膜なし、塗装なし、座面はバーカウンターで使うくらいの少し高め

選んだ理由は3つ

1にハイスツールがあったこと

生き急ぐ日々に腰を落とす事なく軽く座る

というより腰掛ける事が出来、日常にマッチした

2に金物を一切使っていないこと

木のみで形成された姿がナチュラルな空間にマッチした

3には何と言っても座り心地だ

座面に対して驚くほど私の尻がマッチした

例えるならS極とN極が磁力によってくっついたような感覚だ

座面が高く背もたれがないにもかかわらず

そこに何時間もいられるような安定感

ハイスツールがゆえにそのまま浮遊しているかのような心地よさ

日々そこに座っているだけで幸せを感じるようになった

何にも変え難い大切な時間があることを知った

それ以来

私は

生き急ぐ事を

やめた

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください