韓国インテリアをリビングと寝室で考案してみた 2/5

コンガン ハセヨ?

前回の

韓国インテリアをリビングと寝室で考案してみた 1/5

に続いて第2回です

今回は6畳リビングのテレビ側からソファ側を向いて見ていきます

1つめに 座らずも見た途端にくつろげるボリューミーなソファ

より韓国感を出すならホワイトやアイボリーソファになりますが

汚れが気になる人やメンズ感がほしい際にはこだわらなくてもいいと思います

木のアームソファもナチュラル感が出ていいですね

2つめに 手前にチラ見えしたビーンズテーブル

角がないので不時着した気持ちも丸くなっていきそうです

小さな子どものいる家庭でもアンシメヨ(安心です)

第1回目登場のラタンチェアに合わせるのが韓国スタイル

3つめに テーブル下に敷いているのはモロッコ風のダイヤ柄のラグ

スタイリッシュなデザインでモノトーンインテリアにも合うと世界中で人気になっていますが

ビーンズテーブルと合わせてもあやしげなパートナーになり面白くなります

寒い韓国では床暖房が多く 全面カーペットは少ないみたいです

ただ ここは高温多湿な日本なので どこまで敷くかは ススロ チョンヘヨ (己で決める)

4つめにスッキリした形と色の木のチェスト

自分で描いておきながら 足の角度にこだわりを感じます

シンプルなところはキリッとシンプルにしてメリハリを

これらを見ていくと韓国ではモロッコやリゾートなど青い海を感じさせるようで爽やかな印象ですね

次回は韓国で話題の小物類を紹介していきます

韓国インテリアをリビングと寝室で考案してみた 3/5

それでは

チャルジャヨ(おやすみなさい)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください