エンジン式ケルヒャー高圧洗浄機を5年使用してみて思う今日

外壁塗装をする前〜には高圧洗浄で綺麗に〜してから〜

こんにちは

突然の高圧洗浄バラードソングで失礼しました

わたくし事ではありますが

この度

知人の家の

外壁塗装をする事と相なりました

日当たりが悪かったり風通しの悪い外壁にはコケやカビが繁殖しやすい

それが原因となり家を守るための外壁材が機能しなくなったり

ひどければボロボロと剥がれる事にもなり得る

それを未然に防ぐため新しい塗膜を作っておくのです

ただその前に

忘れてはならない大切な掟があります

外壁塗装をする前〜には高圧洗浄で綺麗に〜してから

酷い裏声で失礼

そう

塗る面は綺麗にしてからなのです

焦って初日から塗り始めずに

急がば回れの精神を胸に

塗装前の高圧洗浄の掟を歌に

面倒と言わず高圧洗浄機を運んできましょう

ボロボロで

こんなしてますが 一応ガソリンエンジン式ケルヒャーです

色んな経緯がありこんなシルバーな姿になってしまいましたが

一応ガソリンエンジン式ケルヒャーです

(ケルヒャー:1935年ドイツ生まれの清掃機器メーカー 日本には神奈川県横浜にケルヒャージャパンがある)

わたくしが長年愛用してきたのはこのケルヒャーG4.10M

この型は現在は製造されているかわかりませんが

電気式ではなくガソリンエンジン式なのでコンセントがない場所でも使用でき

威力も強いので何かと役に立ってきました

例えばこの壁面の汚れ

こんな風に

歌いながらでも落とせます

こびり付いたコケも

このように

発声練習してる場合ではありません

全体before

全体after

こんな具合で

ラストは思いのままにビブラートを効かせていると綺麗になります

ただしガソリンエンジン式は22kgと重いしオイル交換も自分でしないといけないので

コンセントがある場所で簡易的に使うならば電気式が楽である事は間違いないでしょう

最近ではパワーも強いモデルが出てきたしこのように価格帯も電気式はお手軽です

最後にわたくしがガソリンエンジン式を5年使用して思うことをまとめて終わります

ガソリンエンジン式高圧洗浄機まとめ

メリット

パワーがある

エンジンというダンディー感

壊れにくい

どこででも使える

エンジンというハードボイルド感

デメリット

高価

エンジン音が大きい

重たい

オイル交換必要

ガソリン携行缶が必要


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください