1人暮らしの1LDKをモロッコインテリアで考案だけしてみた 〜神秘のカーテン編〜

1人暮らしの1LDKをモロッコインテリアで考案だけしてみた 〜ランタン照明編〜

で前回までは

アブエッティー

モロッコ大好き賃貸暮らしのアブエッティー(仮名)の住む

1LDKのリビングを見てきたが

今回はついに寝室へ迫ってみる

これが本邦初公開の寝室だ

単純にベットが大きく置かれて横に好きなものを配置しているだけだが

今回はアブエッティーお気に入りのブルーのカーテンに着目する

モロッコと言えばカラーであり

国民たちは色をとても大切にしている

国旗の赤は共産ではなくモロッコ王家を意味し

ピンクの街と言われるマラケシュは日干しレンガの色が起源で 今も建物はピンクにしなければならないという条例まである

それからフェズブルーの食器で有名で迷宮都市とも言われるブルーの街フェズ

それだけではなく 神秘のブルーの街シャウエンと言われる場所もある

このシャウエン

なぜここがブルーなのかは諸説あり 夏の暑さを和らげるため 虫除けのため 古くにユダヤ人が住んでいたため など明確にはわかっていない

そんな謎深きシャウエンをイメージして寝室のカーテンは柔らかなブルーで神秘的に

ここに暮らすアブエッティーも

揺れるカーテンに遥か遠い国の風を思うのだろう

モロッコインテリアというとカラフルにしなければならないという固定観念があり敬遠しがちだが

寒色やグレーやサンドベージュをメインに しっとり落ち着いた雰囲気に表現したっていいのだ

また寝室という用途を考えるとカラーは最低限にし

穏やかな気持ちで安息できるようにしていたいものである


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください