今夜はNARUMIグラスとミュコーの夢を見る

NARUMIグラスに氷を入れミュコーを注ぎゆっくり転がす

琥珀と透明とが混じり出す色合いを目で楽しむ

手の温かみがグラスに移っていくと芳醇な香りが漂い出す

少しだけ口に含み深い風味を味わう

氷が形を変え『カラン』と乾いた音が鳴る

ん、、

、、

おっと。

今日は疲れているのか、、

ついウトウトとNARUMIグラスに注がれたミュコーの夢を見ていたようだ

ミュコー

そうその歴史は古く1862年

ブランデーを供給せよというロシア皇帝の命令によりフランスへ出向した男たちは

何と自らの手でミュコーという酒を作り出してしまったという

華やかな香り

甘味とコク

そして滑らかな口当たりはまるでブラックパンサー

長く続く余韻は今も人々を惹きつけて離さない

NARUMIの方は1946年創業

日本で初めてボーンチャイナを生み出した磁器界のパイオニアである

(ボーンチャイナとは原料に骨灰を含む乳白色の磁器)

NARUMIにも様々なシリーズがあり

梅の花をモチーフにした藍色の絵柄が特徴的なNARUMIの代表作『ミラノ』

野に咲く花の線をイメージして生まれ食卓の白い宝石と呼ばれる『シルキーホワイト』

平和の大切さなどを表現した水彩画の画家いわさきちひろさんとコラボしたシリーズ

そしてNARUMIは磁器だけではない

ガラス部門 GLASS WORKS

時計箱のような高貴なケースに入れられており贈り物にも最適

細い線で描かれた切子模様は

魚子(ななこ)

八角籠目(はっかくかごめ)

菊つなぎ

をMIXした洋のような和の意匠で万華鏡のように色んな表情を楽しませてくれる

ウイスキー

梅酒

焼酎

和洋問わず様々なお酒を美しく映し出すが

特に時間の流れで変化していくミュコーオンザロック

静かな夜に注ぎ

NARUMIのグラスで更かしたい

と懇願しつつ

今夜は

また夢の続きでも見に行こうかと思う

では

ボン ニュイ

ノブリエ

ぱどぅ

ふぇえどぅ

ボー レーヴ

(おやすみ いい夢見るのを忘れないで)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください