和にも洋にも映える不思議な置物の名は 南部鉄器 〜たどりつけない記憶〜

ある日 押し入れの整理をしていると

ホコリまみれのダンボールを見つけた

これには何を入れていたかなと

眼を閉じ四次元の都をさまよったが どうにも思い出せない

恐る恐るダンボールを開けると 

黒光りして出てきたのは

急須

そう かつて東北地方一帯に勢力を張った豪族 奥州FUJIWARA

その 奥州FUJIWARA が最強鋳物師を東北に集結させ作らせたのが

この伝説の急須  その名も

 南 部 鉄 器

1000年の歴史   深い土の中のようなひんやりとした触り心地   実に不思議なオーラを放つ

なぜ これだけのシロモノを、、

私は一体どこで、、

自らの頬に平手打ちをし

まるで聖火ランナーの如く南部鉄器を持ち上げキッチンへ走った

キッチンカウンターで立ち止まり火を灯すかの如く 大声援を想像しながらゆっくりと

確実に

置いた

素晴らしい  この風格  こじんまりとしながら周囲にあるもの全体を引き上げる存在感

近所の和式にも置きたくなった

研ぎ澄まされた凛とした表情

和空間を一層洗練させる見事な漆黒

南部鉄器は飾るのでなく南部鉄器が空間を飾りだす

これが、、  骨董というものか、、

骨董、、  

骨董!  そうだ!!

私はその時ようやくどこで手に入れたのかを思い出したのだった

続く

和にも洋にも映える不思議な置物の名は南部鉄器 効能編

現行にはこんなモデルもある↑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください