韓国インテリアをリビングと寝室で考案してみた 5/5

ナムジャ ヨジャ アニョハセヨ

前回の

韓国インテリアをリビングと寝室で考察してみた  4/5

に引き続き今回は最後の

韓国インテリア考察 寝室小物の3種の神器を見ていきます

1つめに ファブリックポスター

部屋全体の印象を柔らかくし

枕の上の壁に飾ると心も安らいで

今日あった嫌な事も 気にする程大した事なかったなと思えてきそうです

韓国に限らずあらゆるスタイルに取り入れられるし必ず日本にも定着していくでしょう

テレワークで背景の目隠しにも使っている人も出てきてる程です

同様の生地でカレンダーもあるのでウォールデコの幅もグンと広がりました

2つめに 一輪挿し

サイドテーブルの上で凛とした佇まいの一輪挿しは なんと何も挿しません

そこに山があるから登る

そこに日曜があるから休む

そんな理屈はここでは通用しません

ここは一輪挿しがあっても 挿さないのです

そのままの形をオブジェとして感じます

小さくても陶磁器だと存在感もあり

韓国のフワッとした空間にピンっとした空気が生まれます

3つめに ボンボンキャンドル

泣いてもいい   叫んでもいい

落ちる心に嘘のない日があってもいい

ボンボンキャンドルに火を灯せばいい

スキップしてもいい    鼻歌うたってもいい

弾む気持ちは止めなくていい

ボンボンキャンドルに火を灯せばいい

という事で

全5回に渡り考察してきた2部屋でしたが いかがでしたでしょうか

男女問わず使えるようにピックアップしました

他にも自分好みのものを付け足していくとその人に馴染んでいくでしょう

インテリアに新しい風として登場してきた韓国スタイル

非常に魅力的です

なぜこのスタイルになっていったのか

そのうちまたルーツを辿っていけたらなと思います

そしてこれからの時代にどう進化を続けていくのか

キデテムニダ(楽しみです)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください